« 使ってなんぼ!Lang-8で学習中 | トップページ | ロシアより愛をこめて »

2007/12/19

テルミン・3ピース・ユニット

行ってきました。テルミン♪の夕べ。場所は附属図書館本館。
少し時間が早かったので、会場のあるフロアの1階下で蔵書を見学していたら、頭上から怪しい音が響いてきた。会場にゆくとクリスマスツリーの横で、リハーサルの最中だった。
テルミンが生で見れる~と思っただけで、バンド構成とかは想像してなかったけど、今回は3ピースユニット。BBAと勝負か? テルミンとベースは物理学の教授、ボイス・パーカッションはアカペラサークルのメンバーだと紹介されていた。

2ステージの間には、テルミンプレイヤーである菊池誠教授のレクチャータイムがあり、世界のテルミンプレイヤーの動画を見たりした。もちろん、お約束のLed Zeppelinも。
トリビアとして、「ビーチボーイズのGood Vibrationsで使われているのは、テルミンじゃない」ことを教えてくれはった。会場からは「あれはテルミンだと信じていたのにショックです。じゃ、あれは何ですか?」という質問が。
正確には、エレクトロ・テルミンという楽器らしい。菊池先生によれば「あのフレーズはテルミンで演奏するのは難しい」とのこと。エレクトロ・テルミンは、テルミンの音を簡単に出せるように作られたものだそう。ほほぅ。ちょっとテルミン通になった気分。

この楽器を発明したロシアのテルミン博士はニューヨークで演奏活動をしていたが、突然失踪し、西側では死亡説まで流れたけれど、実は、軍事技術開発に携わっていたとか。かれの人生を描いた映画「テルミン」もおもしろそう。
この映画のサイトにある写真は、アメリカで最初に商品化されたRCA社の「家具調」テルミン。アンティークなかんじがいいわ~。

菊池先生が使ってはったのは、もっとシンプルなMoog社のEtherwave Theremin
演奏中、右手と左手の使い方を観察してたのだけど、黒い箱から垂直に伸びたアンテナでピッチを、反対側に水平に出ているU字型アンテナでボリュームを調節すると聞いて、やっと両手の使い分けがわかった。
セットリストは以下のとおり:
1st
Amazing Grace
Someday My Prince Will Come
Days of Wine and Roses
Air on the G-String
Autumn Leaves

2nd
Gymnopedie No.1
Hibarigaoka Hanayashiki
Fly Me to The Moon
Peter Gunn Theme
White Christmas

セカンドステージの2曲目「雲雀丘花屋敷」は、菊池先生の別ユニットによるオリジナル曲。タイトルは関西ローカルな駅名から。11拍子の曲かと思った(^^;)。
前に、11拍子の曲を演奏するときには、「西中島南方=にしなかじまみなみかた」(これも関西ローカル駅)と唱えるって聞いたことがあるから。

今回はクリスマスコンサートということで「いい人っぽい曲」((c)菊池先生)ばかりと言ってはった。いつものユニットでは「轟音」なんだそう。個人的には、Peter Gunn Themeがいちばんハマってると思った。
けっこうワウペダル踏みまくってはったけど、次回はトーキング・モジュレーターを加えたらいいかも! あとワウの横に、BOSSのSpace Echoと書いたものがあったけど、なんなのかよくわからない。

というわけで、サンタさん!クリスマスにはテルミンがほしいです!
Termine

|
|

« 使ってなんぼ!Lang-8で学習中 | トップページ | ロシアより愛をこめて »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

行きそびれました。残念!
娘がハシカらしき症状が出たので。
予防接種はしたのになあ。

投稿: xnaoyanx | 2007/12/20 21:58

♪xnaoyanx
おひさしぶり~!
残念やったね。その後、だいじょぶ?
最近は、風邪も流行ってるし気をつけなくちゃね。

菊池先生は近々、別のユニットでLIVEがあるみたいです。「のこぎり」も出演するみたいよ!naoyanなら乱入できるね!
http://music.geocities.yahoo.co.jp/gl/theremin_andmore

投稿: miredo | 2007/12/21 00:48

その昔(かなり昔)にZepの日本公演でJimmy Pageが何やら手をかざして変な音だしてました!

それがテルミンって解かったのはかなり後でしたが、ZepのもBeach Boysと同じタイプなのかな?

投稿: Smokin' | 2007/12/21 14:07

♪Smokin'さん
Led Zeppelinのは、アンテナタイプの元祖?テルミンですよ!手をかざすと音が出るタイプです。アンテナとの距離で音程が決まるので、演奏は難しいだろうなあと思います。
手の代わりに、頭でも脚でもいいわけで、パフォーマンスとしては楽しそう!おひとついかが!

エレクトロ・テルミンのほうは、楽器に触れることができるのが大きな違いなんだそうです。鍵盤があるわけじゃなくて、レバーとかノブみたいですけど。

投稿: miredo | 2007/12/21 19:32

こんにちは。

http://otonanokagaku.net/magazine/vol17/?ad70902

これ、お手軽で人気みたいですよ。

投稿: winter-cosmos | 2007/12/23 14:06

♪winter-cosmosさん
あっ、この雑誌ご存知でしたか~?
先日のコンサートでは、抽選で5人にこれが当たったんですよ。現在、日本で一番普及しているテルミンは、この付録のテルミンminiだそうです!
でも、実際に演奏されたテルミンを見たら、あのミニサイズの付録ではガマンできそうにないと思いました。^^;

投稿: miredo | 2007/12/23 21:53

私もこのテルミンmini買いました。(^^)/

一時は品薄でオークションで高値で取引されていた
みたいですが、今では増刷されて普通に手に入ります。
確かにシンプルではありますが、これで演奏できなければ
本物(?)を買ってもダメでしょう。
とはいうものの、私はドレミも演奏できません!

それから、Roland Space Echoはテープエコーです。
床置きタイプなら最近発売されたデジタルシミュレータですが
オリジナルの箱形ならば中でテープが廻っているはずです。

投稿: toshi | 2008/01/05 10:11

♪toshiさん
わ~い、あの本を買われたのですね!
やっぱり演奏は難しいですか。。。フレットレスどころか、宙で演奏するんですものねー。
あちこちにテルミン教室があるみたいなので、ぜひ修行して、演奏を聴かせてください! テルミンのグループレッスンなんて、端から見たらあやしいでしょうね。

わたしが見たのは床置きのSpace Echoです。家具調テルミンだったら、テープがまわる箱型が似合いそうですね。^^

投稿: miredo | 2008/01/06 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使ってなんぼ!Lang-8で学習中 | トップページ | ロシアより愛をこめて »