« できません!聞いてません!知りません! | トップページ | インコが歌う♪ハトポッポ »

2007/11/20

ぁワン、ぁツー、ぁほな、いこか

途中でストップしていた"Ma Rainey's Black Bottom"を読み終えた。Ma RaineyはThe Mother of The Bluesと呼ばれたシンガー。この作品のエピグラフには、Blind Lemon Jeffersonの歌詞の一部が引用されている。名前も知らなかったけど、Wikipediaによると1920年代の売れっ子ブルーズマンだったらしい。

作品中、Ma Raineyのバックバンドは毎回、"One...Two... You know what to do"というカウントで演奏を始めるのだけど、このカウントインってジャズやブルーズのお約束?
ググッてみたら、おもしろいスレッドを発見。いろんなカウントの仕方がUPされている。

>UNO DOS SUZI QUATRO!
>My friend Joe and I used to count out songs like this. I can't remember if we stole it from somewhere or came up with it ourselves

>David Bowie - It's No Game (one, two, one, two, two, three)
>Queens of the Stone Age - I Was A Teenage Hand Model (one, two, five, nine)
>Radiohead - Where I End And You Begin (after the first verse, there's a count of 4, 5, 6, 7)
>There was also some mid-nineties song that had a chorus that went "one, two, three, five". I never found out who it was by.

いなたいブルーズを演るときは、ぜひ大阪弁バージョンで!

|
|

« できません!聞いてません!知りません! | トップページ | インコが歌う♪ハトポッポ »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« できません!聞いてません!知りません! | トップページ | インコが歌う♪ハトポッポ »