« ちょっと待ったぁ!USPTO | トップページ | 軟禁被害妄想 »

2007/11/10

1晩明けても

ま~た、おんなじコト繰り返してる。毎週毎週、通常の授業用のレポートに追われていたら、卒論が進まないではないか。この週末は2本のレポートを書かないといけないので、今週も卒論原稿の文字数は1文字たりとも増えていない。
だいたい、往生際がわるいのだと思う。さっさと書いてしまえばいいのに、なんかもっとおもしろいネタはないかな~と検索してしまう。そして、なぜかいつも、おもしろい(と自分が思うだけの)ものが見つかるのだ。

先週、同じグループの学生が、こんなの当日書くだけです…と言ってたけど、そんなふうにできたら、もっと楽になるのになあ。うじうじねちねち未練がましく検索なんかしないで、手持ちのカードの範囲内で書けることを書く練習をせなあかんねやろなぁ。
だから今日中に、1本目のレポートの筋をざっと最後まで書いて、明日、それに肉づけして…つまり、なんとかページをかせぐ努力をしようと思ったんだけどね~。

それでも、息抜きにと思って手にした本を一気に読んだおかげで、無為な1日とは思わずにすんでいる。前回、自動車文庫がきたときに目にとまった村上春樹の「アフターダーク」なのだけど、読んでいる間に時計の針がぐるっと回って、1晩過ぎてしまったような変な気分。小さな出来事や大きな出来事が、経糸のように並んで時には絡まりつつ連続していく隙を、わたしは横糸になって、あっちへ行き、こっちに戻りしていたような、そんな1晩だった。といっても、実際は読み終わっても外はまだ夕陽が残っていたのだけど。

店で流れるBGMや登場人物がハミングする曲が気になるが、一番気になったのは映画「ある愛の詩」を最後まで見なかった登場人物が、あれはハッピーエンドだと思い込んでいること。でも、人間が思っていることなんて、みんなそんな勝手な思い込みばかりなのかもしれないなぁ。

|
|

« ちょっと待ったぁ!USPTO | トップページ | 軟禁被害妄想 »

Diary」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと待ったぁ!USPTO | トップページ | 軟禁被害妄想 »