« 何もなかったように 今日をむかえる | トップページ | オモイ オモワレ フリ フラレ »

2007/10/04

カエルの歌がきこえてくるよ

バリツアー2006でお世話になった先生(Will and Lyn)から、「Kaeru」オープンの案内をいただいた。大阪北部にある古~い民家を購入し、手直しをして、外国人観光客のために提供を始めたという。いつの間に~!とびっくり。

Lyn's brotherは若くしてガンで亡くなられたが、亡くなる3ヶ月前に、家族そろって日本に来られたそう。みんなであちこち回って、ホントに楽しかったよーという話は以前から聞いていた。
Kaeruサイトの説明によれば、そんなすばらしい機会を他の海外からの旅行者にも提供したくて、Kaeruを作ることを考えたそうである。そして、Lyn's brotherと同じ病気のAustralians & New Zealandersには、1週間無料で提供するとのこと。(ちなみに、LynはAustralianでWillがNew Zealander)

サイトの写真を見ればわかるとおり、背丈ほどもある雑草に囲まれた廃屋が見事に生まれ変わっている。わたしも遊びにゆきたくなるような伝統的な日本の民家。水回りは洋式の新しいものになっており、快適に過ごせそうである。
Weeds Front20photo
まわりはまだ田んぼが残っているし、どことなく懐かしい風景。カエルの声も聞こえるそう。でも、モノレールが近くを走り、交通量の多い道路もすぐそばという、不思議なスポットである。

バリ(ボランティア)ツアーといい、Kaeruといい、すてきなアイデアを着実に実現してゆく行動的なおふたりにはいつも感動する。さらなる企画も少しずつ検討が進んでいるようで楽しみ。わたしも、なんらかの形でかかわってゆけたらいいなー。

|
|

« 何もなかったように 今日をむかえる | トップページ | オモイ オモワレ フリ フラレ »

Diary」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こちらのB&Bって、だいたい古い家を改装したものが多い。家具もアンティークだったりして、なかなか良いものです。

大阪に帰った時に家族で滞在できないか(場所も便利だし)と思いましたが、一週間単位でないと泊まれないのが残念。でも料金も安いですね。

投稿: YAS | 2007/10/04 22:47

♪YASさん、お久しぶりです!
卒論ちっとも進んでないのに、卒業旅行のことばかり考えてます。B&Bも泊まってみたいなぁ。

Kaeruはモノレールのおかげで、かなり便利になったと思います。以前、Kaeru近くの先生宅に遊びに行ったときは、すんごく遠いところ…って思いました。

投稿: miredo | 2007/10/05 08:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何もなかったように 今日をむかえる | トップページ | オモイ オモワレ フリ フラレ »