« 腹話術の誘惑 | トップページ | 映画の後味 »

2007/08/10

飛び降りた!

清水の舞台から。
というほど、たいそうなもんじゃないけど、100円ショップ3店を愛用し、衣料についてはユニクラー度の高いわたしにしては目ン玉飛び出るようなお値段だった。
帽子好きの人ならきっと知ってる、あのHelen Kaminskiである。初めてその名前を知ってから、かれこれ10年以上思い続けていた。

今年は殊のほか暑さが厳しく、通勤・通学用に帽子か日傘を買わねばと思っていた。手を塞がなくて済むから、わたしは断然、帽子派なのだけど、脱いだときに嵩高くて荷物になるのがいやで、麦わら帽子のようなタイプには、なかなか手が出なかった。
それがある日、ネット徘徊中に折り畳んだHelen Kaminskiの写真を見て、激しく心を奪われたのだ。こんなにコンパクトになるなんて!
Pro8_mediumtea

Provenceというネーミングも心をくすぐる。いくつかネットショップをのぞいたけど、どこでも人気で売切れのところもちらほら。売切れ!これがまた心をざわつかせる。
そのうち、1年2000円として、10年間思っていたのだから2万円出してもいいよね…という勝手な理由で心が固まりつつあった。いざ、ポチッとしようと思うと、ほしい色とサイズ(ブリムの幅)がない!こうなると、ますます想いはつのる。
でも、近所のデパートならまだ残ってるはずという予想どおり、紅茶カラーのラフィアの帽子はわたしを待ってくれていた。迷わず買いっ。

それ以来、マダガスカル生まれのラフィアで編んだ帽子が、わたしのお伴をしてくれている。あいかわらずの黒いシューカツ・バッグとはミスマッチだけど気にしない。
あ~、折り畳んだこの帽子をかばんに忍ばせて、南の島にいきたいなぁ。

なお、ラフィアというのは、「ヤシの若い葉をカットして乾燥させた素材。柔軟性に富み、熱を加えると樹脂が出て形を作りやすい理想の素材」なんだって。それと、Helen Kaminskiの控えめなワンポイントマークは、ラフィアの種をデザインしたものらしい。

今、調べてたら、シドニー出身の彼女の帽子やバッグはオーストラリアのお店で安く買えるみたい。送料入れても、日本の半額とか!(@_@)
うぅ、飛び降りるの早まったか。。。

|
|

« 腹話術の誘惑 | トップページ | 映画の後味 »

Diary」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今晩は ご無沙汰してます。
こちらもヤット台風の後に、急に蒸し暑くなりました。遅れてきた夏の暑さですね。
 お気に入りの帽子って良いですよね。私とはその次元は違うでしょうが、密かに私もお気に入りの帽子がありまして、でも最近日焼けですっかり色褪せてしまって・・・恥ずかしいのですが、捨てられません。
最近は、屋根を開けて車に乗ることが多いので、余計に”良いの”が欲しいな~~と・・・
理想はカーボーイハット風なのですが、日本人には似合わない!
 それにしても、見事な”飛び降り”おめでとう御座います!

投稿: some | 2007/08/11 19:55

♪someさん
わたしも、愛着があるものって、色あせても、破れても、ずっととっておきたいです。それがいい味出してくれることもありますしね。
someさんのお気に入りの帽子ってどんなのだろ?また、写真UPしてくださいよー。

someさんなら、カウボーイハットが似合うと思うなぁ。北海道の景色にもとけこんで。。。
日本人は帽子をかぶる人が少ないから見慣れないだけだと思うんです。
かぶったもん勝ちですよ!(^^)v

投稿: miredo | 2007/08/12 11:26

帽子の写真を見てスナフキンを思い出してしまいました(爆)

投稿: ささぴ | 2007/08/12 23:13

♪ささぴ さん
あはは。たしかに。。。(^O^)
スナフキンも飛び降りたのか~!

投稿: miredo | 2007/08/13 08:35

この5月にテキサス州はダラスで開催された会議、クロージングパーティーが郊外の牧場でバーベキューだったんですが、参加者にはカウボーイハットがプレゼントされました。

アメリカ人はちゃんとわかっていて、こういう時はジーンズとコットンのシャツを着てきたりしてます。そしてまあ、カウボーイハットが似合うこと!

そして女性は、かぶらずに背中に背負うような形でぶら下げるのですが、これまたキマってる。
なんか彼らの原点を見たような気がしました。

私も立派なカウボーイハットをもらったのですが、全くサマになりませんでした(^^;)

投稿: 司 | 2007/08/16 01:02

わぁー、楽しそうなパーティ!
そういうときはドレスコードを指定してほしいですよね。
そっかー、カウボーイハットを背中に…ってのもおしゃれですね!シェリル・クロウなんか似合いそう。

カウボーイハットに対抗するには、菅笠でしょうか?(^^;)

投稿: miredo | 2007/08/16 22:31

え~~司さん!本場のカーボーイハット貰ったんですか~~ いいな~~
 でも、悔しいことにどうにも東洋人には合わないんですよね・・
オーストラリア人なんかもさり気なく取り出して決めていたりするんですよね・・・
いつか、払い下げして貰おうかしら・・・

投稿: some | 2007/08/20 22:45

♪someさん、こんちは!
ココでcowboy hatでサーチしたら、いっぱい出てきますよ~。
ピンクのなんかもあって、とってもカラフルです。
日本では、なかなか売ってないですもんね。眺めるだけでも、楽しんでください。
わたしは昨年ココで、セーター、ブーツ、くつの3点を150ドルくらいで買いま
した。
http://www.sierratradingpost.com/

投稿: miredo | 2007/08/25 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腹話術の誘惑 | トップページ | 映画の後味 »