« 図書館に「でん」ついてきた | トップページ | シビレたのは いつから? »

2007/07/05

アースカラー・マシンにyour nameを

今日のディスカッション・トピックはsmokingだった。いろいろ調べていて、tobacco sponsorshipが禁止されたおかげで、F1グランプリの世界でも、大きな変化があったことにやっと気づいた。
F1といえばタバコブランド…というくらい、シャシーのカラーリングとタバコパッケージのデザインがリンクされていた。わたしがF1にハマっていた時代でも、国によっては、タバコ広告が禁止されて、スポンサーのロゴを使えないレースがあったけど、今ではEU域内で全面禁止だし、WHOも禁止を迫っている。開催国がヨーロッパ以外のあちこちに広がってきたのも、その影響なのだろう。
参考:“Formula 1, Britain and tobacco”(2004)

各国の法律とは別に、タバコ会社間の協定もあるらしい:
The three biggest tobacco companies (Philip Morris, BAT and Japan Tobacco) agreed in September 2001 to a new set of global marketing standards which would stop all sponsorship in sport after December 2006.

そんなわけで、F1からタバコ会社が次々と撤退し、マシンのカラーリングも様変わりしたのである。つい最近、友人に教えてもらったのだけど、今期のHondaのマシンは、アースカラーで、スポンサーロゴを基本的に廃止したそうだ。逆に、「パートナー企業に対し、マシン及びロゴの使用をライセンス化することで、マーケティングツールとしての活用を可能とした」という・・・すごい発想の転換!

アースカラーというから、一瞬、砂漠の色?ジミ~!と思ったけど、写真を見て美しい「地球カラー」だとわかった。YesのFragileのジャケットみたいな、わたしの好きな色の組合せである。
さらに、びっくりしたのは、サイトmyearthdream.com上で、マシンのピクセルを購入することでチャリティーに参加できること。シャシーの拡大画像を見たら、名前らしき文字がずらずら並んでたけど、コレだったのね~!
環境のために自分ができる小さなことを考えて誓いをたて(実際は選択式)、寄付をすると、サイト上に、そしてreal F1 carに名前が表示されるというしくみ。説明文の最後は、こう締めくくられている。
"You see: small things come together to make big things happen"

|
|

« 図書館に「でん」ついてきた | トップページ | シビレたのは いつから? »

Diary」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

そんなにタバコを嫌わないで下さい。(笑)

そういえば、一昔前まで、セブンスターとマルボロは同じもんだったのですが、こないだベトナムで買ったマルボロは違ってました。
OEM終わったのかな。

それともどっかの国のコピー、、、、(笑)


投稿: JG | 2007/07/05 18:00

♪JGさん
non-smoker への影響を数字で見たら、やっぱり、ちょっと待ったー!って言いたくなりますね~。

へぇ~っ!タバコにもOEMってあるんですか!(@_@)
そういえば、ディスカッションしてるとき、若い学生が、「味が変わったので、タバコを変えた」って言ってました。銘柄は忘れちゃったけど。

>>それともどっかの国のコピー、、、、(笑)

それが一番コワイかも。何が入ってるかわからないですよー。

カナダのタバコの箱には、おぞましい写真が印刷されてるそうですね。日本のは、まだ文章だけなので、それほどインパクトないですが、そのうち条約で写真が義務づけられたりして。。。

投稿: miredo | 2007/07/05 20:07

『迷惑』は概ね常に双方向なのだ、という基本が忘れ去られ
他者に影響する事そのものが悪であるかのような物言いが
力を得た結果、市民は分断され、しかも自分の手足を縛って
しまっており、更に社会は解体に向かっている
というのが私の認識ですがちょっと話の一般化が飛躍
し過ぎてこれじゃ何が言いたいのかわかってもらえない
ですね。あいたたた。

愚行権と自由の本質、とか、権力による情報操作、とか
いろんな掘り下げ方ができる話題を見てしまいましたが(舌)
まあいいや、この話はいつか機会がありましたら。(^^)/

投稿: breakup@ | 2007/07/05 21:05

♪breakup@さん
「愚考権」という概念があるのですね。
恣意的な研究報告はいくらでもあるでしょうし、情報の取捨選択は、一般人にはなかなか難しいことですね。

>>まあいいや、この話はいつか機会がありましたら。(^^)/

ぜひ、機会をつくって!

投稿: miredo | 2007/07/06 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図書館に「でん」ついてきた | トップページ | シビレたのは いつから? »