« ビリーの声が聞こえる夜更け | トップページ | 私達がであるかだれ »

2007/07/14

splitting headache

1週間を締めくくるのは、わたしの卒論指導教官の授業である。今日はGandaとEwe(どちらもアフリカの言語らしい)の音素分析などという、ややマニアックな内容。[l]と[r]の出現状況をみるだけなので、先日のケチュア語の課題ほどしんどくはない。でも、概論の授業でこんなのを扱うんだ~。やっぱり、担当する先生によって違いがあっておもしろい。

音素論の発達に寄与したのは、宣教師たちだというのも初めて知った。未知の言語をもつ国、地域に布教するためには、その言語を理解する能力が必要だもんね。なるほどー。
アメリカのSIL(Summer Institute of Linguistics)が、その組織である。ここの会長を長年務めたケネス・パイクは、ノーベル平和賞候補に何度もノミネートされたそうだ。

この授業も、その前の時間も、受講生が少ないせいか、冷房がやたら効いている気がする。帰りのバスは言うまでもない。隣に座っていた学生は、寒そうに腕を組んで耐えていた。わたしは途中でショールを出し、腕に巻きつけた。吐き気はなかったが、頭痛がひどくなっていた。数週間前と同様、玄関を入るなり某所に直行(^^;)。
ふと目に入った英語日めくりカレンダーの問題は「頭が割れそうに痛い」 それや~。それ!今のわたし!
"I have a splitting headache."
タイムリーなカレンダーであった。

|
|

« ビリーの声が聞こえる夜更け | トップページ | 私達がであるかだれ »

Diary」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

女性はエアコンの効き過ぎがつらいみたいですねぇ

私はエアコンの風に直接当たるのが大好きですww

投稿: ささぴ | 2007/07/14 23:14

♪ささぴ さん
直接で平気なんですか~!
わたしは寒い電車やバスの中で、隣のおじさんが扇子でパタパタ扇ぐ風を受けるのもダメです。
鍛えたら、エアコンに強い身体になるのだろうか。(@_@)

エアコンの温度設定は家庭不和の元らしいですが。。。(^^;)

投稿: miredo | 2007/07/15 01:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビリーの声が聞こえる夜更け | トップページ | 私達がであるかだれ »