« axion リコール | トップページ | カニちゃいまっせ »

2007/07/30

マイルスとカリンバとクロスローズ・ギターフェス

本にもなった東大のジャズ講義で知られる菊池成孔が、「帝王マイルス」を語る番組を見つけた。NHK教育TVの「知るを楽しむ」というシリーズで再放送だった。録画して、まだ全部は見てないのだけど、わたしのようなマイルス初心者にもわかりやすく彼の音楽の変遷を解説している。
へぇ~~っ!と思ったのは、モード奏法誕生のきっかけがカリンバだった!ということ。カリンバのもつ独特の音階からヒントを得たそうだ。

わたしもカリンバを1つ持ってる。でたらめにポロポロ弾いて、ああ、なんかいいかんじ~~と勝手に悦に入ってるだけ。天才は、これから閃きを得て、新たな音楽スタイルを創り出すのだなぁ。

日本が選挙で熱く?(冷ややかな視線のほうが多かったかも)なっていた昨日、シカゴではクロスローズ・ギター・フェスティバルが行われた。LIVEの様子がネット上で配信されていると知ったのは、少し遅かったので、ひぃ~、見逃した~とあせったけど、アーカイブでずっと見ることができるみたい。すんごいメンバーなので、ぜひアクセスを!
msn music IN CONCERT

映像を後ろで流していたら、ちっとも勉強が手につかなくて困るんだけど。
それにしても、ジョニー・ウィンターは、いつから、あんなにおじいさんみたいになったんだろう。
なお、コンサートのオフィシャル・サイトで参加メンバーリストを見ることができます。

|
|

« axion リコール | トップページ | カニちゃいまっせ »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

菊地成孔といえば「憂鬱と官能を教えた学校」という本で
バークリーについての講義を収録していましたが、
あれを読んで分かる人はどれくらいいるのでしょうか。
それから東京ザビヌルバッハも聞いてみましたが
Jazz的なエレクトリカ・サウンドのアルバム
らしいのですが、どうもよく分かりません。(^^)

投稿: toshi | 2007/08/18 22:53

♪toshiさ~ん、お久しぶりです~!
わたしはかれの本も読んでないし、音楽も聴いたことないのですが、難解なんですか?
たしか「東京大学のアルバート・アイラー」はわかり易かった!って某氏が言ってました。
それにしても、toshiさんは守備範囲が広いですね!ギターもしっかり精進してはるし。。。
わたしも大学が休みのあいだくらい、ピアノのフタの上のガラクタを片づけなくては(^^;)。

投稿: miredo | 2007/08/19 04:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« axion リコール | トップページ | カニちゃいまっせ »