« プロフェッサーはストレッサー | トップページ | 料理をしなくなるとアルツって? »

2007/05/31

最後だとわかっていたなら

春休みに初めてランチをご一緒した社会人学生の友人と4月初めに会ったときは、父の突然の死で驚かせてしまったけど、今日はわたしが驚く番だった。
エレベータ前でばったり会って、わぁ~、久しぶり~~!と笑って話し始めたのに、最後はふたりとも泣いていた。2週間前にお父様が亡くなられたのだ。4月に会ったとき、前日にお父様が手術されたと聞いていたけど。。。

がん患者やその家族が集うサイトや某SNSのコミュニティには、日々、救いを求める人の書き込みが続いている。もう、巡回するのは辞めようと思うのだけど、同じような症状に苦しむ方の話を読むと他人事とは思えず、とにかく声をかけたくなる。医療ミスや心ない医師の言葉、受け入れ病院の見つからない「がん難民」のことなど、切実な現場の声に胸が苦しくなる。そしてまた、父のことを思い出し、眠れないまま夜が更けてゆく。

そんな夜に、ある詩を見つけた。
今日を大切に。明日はないかもしれない。

"If I Knew It Would Be the Last Time"
       by Norma Cornett Marek

・・・

Tomorrow is not promised to anyone,
young or old alike,
And today may be the last chance
you get to hold your loved one tight.

So if you're waiting for tomorrow,
why not do it today?
For if tomorrow never comes,
you'll surely regret the day,

・・・

ずいぶん前から世界中に広まっているらしい。作者についての情報が間違って伝えられている部分もあるみたいだけど。
長いので全文はこちらで。日本語訳もあります。

|
|

« プロフェッサーはストレッサー | トップページ | 料理をしなくなるとアルツって? »

Diary」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロフェッサーはストレッサー | トップページ | 料理をしなくなるとアルツって? »