« ねこ 弾いちゃった♪ | トップページ | ミック・ジャガーの[p] »

2007/04/27

ビートルズ講座でタイムトラベル

本日のビートルズ講座1曲目は♪All My Loving

突然、中学校のくつ箱周辺の光景がフラッシュバック。。。
くつを履き替えようとして、何か薄くて四角いものに気づく。
素っ気無い、真っ白な紙に書かれていたのは、All My Lovingの歌詞だった。

幼い中学1年生には、♪I Want To Hold Your Handでも、とっても刺激的で、相手がオトナに思えたなぁ。何回か手紙のやりとりをしたけれど(くつ箱経由で!)結局、ほとんど言葉を交わすこともなく卒業してしまった。

先生は、ビートルズを聴くと不思議と懐かしい想いにかられると言われる。母親の胎内に戻るような感覚なのだそう。わたしは、そこまで遡らないけれど、やはり懐かしく感じる。
そして、今日のラストは、わたしのリクエスト曲♪Here, There and Everywhereをかけて下さった。今のわたしは、こんなふうにやさしい声が心にしみる。

今日読んだテキストの範囲に、ビートルズのヘアスタイルに言及している部分があった。"mop top"と呼ばれたらしい。注釈に「日本式に言うマッシュルーム・カット」と書いてある。えっ!それって日本だけ?
次の時間、注釈を書いたマッシュルーム・カットの先生に確認したかったけど、C制御だの照応だのの授業の後には聞きづらくて、今日は遠慮した。

なお、本日のロック・クラシックス講座のセットリストは以下のとおり。最後の2曲はリクエストがあったそう。若い学生なのに、しぶいリクエストやんね!
Go All The way (The Raspberries)
Street Spirit (Radiohead)
Message in A Bottle (The Police)
Tonight (The Raspberries)
Don't Look Back in Anger (Oasis)
Can't Get Enough (Bad Company)
Starless (King Crimson)

|
|

« ねこ 弾いちゃった♪ | トップページ | ミック・ジャガーの[p] »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

靴箱メール!(メールとは言わないか)。

昔の通信手段のなんとプリミティブだけどロマンチックなことか!

今の中高生は携帯メールだもんね。
靴箱メールに比べれば味気ないかもしれないけど、彼らは彼らなりに使いこなしてるし、圧倒的に便利で意思疎通がしやすいんだろうな~。
今の中高生がうらやましい。

Here There and Everywhereは大好きな曲です。あと「優しい歌声」系だと“I Will”かな。

投稿: 司 | 2007/04/29 19:54

♪司さん
うすよごれた上靴を見て、恋心がさめてしまうのでは…って気になりましたよう(^^;)。
靴箱や机に入れるのって周りから丸見えだし、危険がいっぱい! 友人経由で手渡しってのも、けっこうあったし、今の携帯文化とはかなり環境が違いますね~。

♪Here, There...をかけるとき、先生がポールはいろんな声を出せますね~って言ってはりました。司さんも、きっとこんな優しい歌声なんでしょうね!

投稿: miredo | 2007/04/29 23:29

「Can't Get Enough」は、70年代を代表する名曲中の名曲ですね。それにBad Companyの1stアルバムも名盤です。めったにLPが買えなかったので、渋谷陽一の「ビートオンプラザ」からエアチェックして、何度も聴いていました。

しかし、OasisやRadioheadがクラシックスの範疇に入るのですか?The Policeでも新し過ぎて、僕の守備範囲外なのに。

投稿: YAS | 2007/05/01 13:17

♪YASさん
"Rock Classics" は指定テキストのタイトルで、授業内容はまた別みたいです。そのテキストには80年代以降の曲も載ってますけど。

将来クラシックスになり得る曲という意味でしょうか。それとも、10代の学生に先生も気をつかってはるのかもしれません。
クラシックスの条件って何でしょうね。。。

投稿: miredo | 2007/05/02 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねこ 弾いちゃった♪ | トップページ | ミック・ジャガーの[p] »