« 薬指の偽装指輪 | トップページ | もう1年います! »

2007/01/26

Bali Tour 2007 行きたいな~

昨年3月のBali Tourを企画したMs.Lから、今年のツアーのミーティングがあるから、ツアー自体の参加は無理でも時間があればおいでよ…とメールをもらった。家に帰る途中だし、ご無沙汰しているネイティブの先生にも会えるしと思ってのぞいてみたら、スタバの一角を20名以上の団体で占拠していた(^^;)。テーブルの上のiMacでは昨年のツアーのスライドショーが流れている。

Ms.BやMs.Cにも会えるかなと楽しみにしてたけど、ふたりとも姿はなかった。Ms.Bはお母様の体調がよくないので春休みはアメリカに帰国するらしい。
遅れてスタバに到着したわたしをめざとく見つけて「この集まりに関係あるの?」という合図を送ってくれたジェントルマンは、あとからMs.Cのだんな様だとわかった。外国人招へい教員としてうちの大学で教えておられる。Ms.Cは?と聞くと、夏にスェーデンに帰って、向こうで仕事をしているとのこと。「ぼくは明日スェーデンに帰るけど、彼女になにか伝えることある?」と聞かれたが、あなたのハズバンドは、めっちゃかっこよくて、すてきっ!と伝えてなんて言えないし。。。と言葉に詰まった(^^;)。いや、ほんまに、背が高くてAライン気味のコートがすごく似合ってて、おひげもすてき、話し方もソフト・・・4月からスェーデン語の授業にもぐりたい気分である。

スェーデン人というと、2年生のときの専攻語クラスでみたイギリスのシットコムの一場面を思い出す。ひどく失礼な描き方だったけど(^^;)、イギリスでは、あれがスェーデン人のステレオタイプだったのかなー。今年になって、ローワン・アトキンスが出ているドラマを見たけど、それもドイツ人やフランス人をコケにしていた。イギリスでは、あの手の笑いがウケるのだろうか。

帰りは、私の元先生Mr.Wが、スェーデン語の先生Mr.Lや私をクルマで送ってくれた。道順の説明は日本語でも苦手なのに…とあせったが、ご近所のMr.Lも助けてくれてすんなり到着。
今日みたいに英語を使う機会があると、あかん!勉強せな!という気にさせられる。ほんっとに単語が出てこないし、それ以前にみんなの会話が聞き取れなくて情けなかった(+_+)。
Ms.Lが、みれどのHPに日本語で去年のツアーのことが書いてあると紹介してくれたので、中断しているもうひとつのブログのほうもボチボチ続きを書かなくては。

|
|

« 薬指の偽装指輪 | トップページ | もう1年います! »

Diary」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

人種ジョークって日本人には馴染めないですよね。笑えないし。

コメディじゃないけど、「ER」で、インド系の研修医に向かって、「第三世界のデストロイヤーが来た」ってセリフがあって、今のいいのかー、いいのー?と1人ドキドキしてしまった。

日本では「次長課長」のネタ「ロシア人カルピン」ぐらいでしょうか。でも、これ設定はロシア人じゃなくても、いいんですよね。

最近、おもしろかったのは新人コンビ(名前忘れちゃった)の「中国からの留学生」。中国訛りの日本語も秀逸で、新人賞取ったほどの爆笑ネタでした。
日本で初めて見ました!国籍ネタ。

これから、もしかして増えていくのかな。
漫才ネタの国際化かもしれません。

(みれどさんはカルピン、知らないですよね。きっと。)

投稿: minca | 2007/02/02 01:30

♪mincaさん
日本(人)もよくネタにして笑われてるんでしょうねー。新書で日本人のジョーク集みたいなのを見つけたけど、なんとなくまだ買ってません。「言いまつがい」のほうがお気楽で楽しいです。

「ロシア人カルピン」は知らないです。「中国からの留学生」も??? 家庭教師ネタは見たことあるけど、ちがうかな?

TVで詩のボクシング(詩を朗読して対決するの)を見たのですが、外国人から見た日本の日常をネタにしてたのが最高におもしろかったです。ネパールの女性でした。

投稿: miredo | 2007/02/02 22:31

そうそう、家庭教師の。
「プロジェクトA」を歌って、ドラを鳴らすベタナ展開から入るコントです。

外国のジョークは文化背景が分からないのと考え方の違いから、笑えないのが多いですね。
ネイティブの会話授業で時々あります。先生だけ笑うっての。
それを日本人はユーモアがわからないって取られたら、かなわんなーと思います。

メキシコ人をネタにしたジョークがあるのですが、とってもかわいく、いつかご披露したいです。

投稿: minca | 2007/02/05 12:33

♪mincaさん
それそれ、銅鑼を鳴らしてました!

わたしも(何回も話したと思うけど)ネイティブの授業でシットコムを見てたとき、教室はシ~~ンとしてるのに、先生だけニヤニヤしてました。きっと500回以上見てると思うんだけどな。そんなにおもしろいんかーと思ってました。

メキシコ人をネタにしたジョークって、スペイン語で?
こんど会ったとき聞かせてね!

投稿: miredo | 2007/02/06 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薬指の偽装指輪 | トップページ | もう1年います! »