« 神農さんの虎 | トップページ | すけすけの空 »

2006/11/28

Sadness is a gift

A Thousand Winds...数年前に出会った、世界中で多くの人を支えてきた詩。いつのまにか日本語の訳詩「千の風になって」が出回り、やがてメロディーをつけてCDが出回った。私は最初の印象をこわされないかと不安で、本にもCDにも手を出していない。

先日BSで、この詩に支えられた人々を訪ねる番組があった。日本、アメリカ、イギリス、アイルランド。。。こんなにも広い範囲で、また想像以上に古くから、たいせつな人を失って悲しみにくれる人々を支えてきた詩だったのか...と驚いた。

スーザン・オズボーンさん(歌手)は母親を亡くした年の春、ある小さな島を訪れて墓碑にかかれたこの詩に出会ったという。悲しみは決して消えることはないけれど、この詩に出会ったことがきっかけになり、母親の存在をすぐ近くに感じられるようになったそうだ。
そして落ち込んでいた日にふと目にした桜の木が、10月だというのに花をつけており、自分のために咲いているのだと確信したという。思わず写真を撮った。次の日も、そのまた次の日も。。。季節が変わってゆく中で、雪の中でも!咲き続ける桜。6ヶ月のミラクル!

スーザンさんは、自分が悲しみの中にいたからこそ、その花に気づくことができたという。
Sadness is a gift.
そんな悟りの境地にはなかなか達することができないけど、今あるすべてを受け入れて、今ある時をたいせつにたいせつに。。。

アイルランドの農家の男性が暗唱するA Thousand Windsは独特の抑揚があり、重みを感じさせられた。劇の一幕のよう。やっぱり英詩は声に出して読んでこそ。
アイリッシュ・ハープで奏でられる曲も美しかった。リベラという名の少年合唱団のハーモニーも心に響く。調べてみたら、すでに日本でもかなりポピュラーになっている合唱団だった。そろそろCDにも手を出してみようかな。

|
|

« 神農さんの虎 | トップページ | すけすけの空 »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

健康」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神農さんの虎 | トップページ | すけすけの空 »