« 今年もリサとガスパール | トップページ | 病院はリバーサイド »

2006/11/14

久々のデート♪

11月11日。約束の時間は過ぎていた。でも、心の広い人だからだいじょうぶ。
約束の場所に着いたら、ちょうど1曲目のイントロが始まったところ。ほらね。待っててくれた。
3年ぶりにみるあこがれの人は、あいかわらず言葉数が少なくて。でも、唄にもギターにもプレイする楽しさがあふれていた。
今年は若い仲間をふたり連れてきて紹介してくれた。噂に聞いてたから、ずうっとふたりに会いたいと思っていた。ひとりは左利きなので、ふたりがギターを抱えて並ぶとシルエットが対称的になっておもしろい。狛犬さんみたい。

というわけで、エリック・クラプトンのコンサート初日に行ってきました。実は、その前夜、父が予定を早めて入院したので、病院から大阪城ホールに駆けつけたのでした。スタンドのDブロックはステージから遠かったけど真正面なので全体を見やすかったです。つまらなかったのは、立ち上がる人がほとんどいなかったこと。やや不完全燃焼。けど、その日は、朝コンビニで買ったカフェラテを飲んだきりだったので、スタンディングじゃなくて助かったかも。

あこがれの人はあくまであこがれ。今回はやっぱりデレク・トラックスにかなり心を奪われました。スライドの音って、なんであんなにゾクゾクするんでしょう。それからソロがまわってきたときの「間」のとり方!感動しました!ぐぐっと聴衆を引きつけた瞬間でした。
デレクのプレイを見ていると、すごくこまめに右手が動いているのですが、あれは何してるのかな?ボリューム?

今回初めて生で聴く曲もたくさんあったし、アコースティック・コーナーでは、あんな曲やこんな曲が聴けてもう大満足でした。残念だったのは鍵盤のふたり。。。(^^;) まぁ、好みといえばそれまでですが。

終わってからグッズ売り場にゆくと、日替わりTシャツやニット帽(本日分)は売切御免。仕方なく白いシャツを買って、さっそく翌日から着ています。
あやしげな露店には「下敷き」がたくさん売ってあったのだけど、いまどき買う人いるのでしょか?

いろんな想いを抱えていたので、気分はなんというかぐちゃぐちゃでしたが、音楽を聴ける余裕がまだあることはしあわせだなあと思いました。

|
|

« 今年もリサとガスパール | トップページ | 病院はリバーサイド »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

コメント

あぁ・・・

あんな曲やこんな曲ってどんな曲?(笑)
知りたい、知りたい、知りたい!!!
一度でいいから生ECに会ってみたいなぁ・・・。

投稿: 風屋 | 2006/11/14 16:59

♪風屋さん
コンサート前にセットリストを知りたくない人もいるかなと思って。。。
↓を見て、さらに身悶えしてください(^O^)。
http://www.whereseric.com/
http://www.mmm.ne.jp/~slaylas/cgiEC/board.cgi
私もいま見て、えっ!今日はあの曲が!と悔しがってます。

今日参戦した友人からも「サイコーやった!!デレクに釘付け」というメールが届きました。見るなら今年ですよ~!まだ間に合う!

投稿: miredo | 2006/11/14 22:15

miredoさん、こんばんは。
デートを楽しまれたようで、何よりです(^^)。

私も初日に行ったので(スタンドのHブロックでした)、同じライヴを共有したことになりますね♪
PRETENDIG からくつろいだ時間が過ごせましたが、私としては、この前ウチのバンドで演った SO TIRED を聴きたかったナァと。

>残念だったのは鍵盤のふたり。。。(^^;)
 何となくお気持ち分かります(^^;)。

投稿: masaki | 2006/11/14 23:15

♪masakiさんも初日に行かれたのですね~!
ブログ拝見しましたが、なかなかキビシイ採点ですね。
やっぱり恋人はジェフですよね。。。(^^;) じゃなくて?
Riding with The Kingの頃はドイルに会いたい~と思ってた私ですが、デレクの登場であっさり心変わりしてしまいました。
ギタマガのインタビューで、デレクが奥さんのバンドと一緒にツアーをしたいと考えている…なんて言ってて、ちょっとジェラシー感じてます(^^;)。

投稿: miredo | 2006/11/15 00:09

みれどさんは初日に行かれたのですね。
僕は2日目に行ってきました。
ドイルは、一見淡々としてますが、ソロの際は目をつぶり歯を食いしばって弾いてました。
デレクはみれどさんの観察の通り、もの凄く細かくボリュームコントロールをしてました。
ピッキングせず、左手のフィンガリングだけで音を出したりもしていましたね。ドイルとは対照的に、いかにも楽しそうにプレイしていたのが印象的。

肝心のクラプトンは、ドラムの方を向いてソロを取ることが多かったのが少し残念でした。

投稿: PEPPER軍曹 | 2006/11/15 01:10

♪PEPPER軍曹さん
ドイルは仁王立ちでプレイしてるふうにみえましたが、歯を食いしばってたのですか?(@_@) からだの柔らかそうなデレクとは対照的ですね。
どこかで読んだのですが、ドイルのギターは1弦と6弦が逆になってるとか…ホントでしょうか???
ハープも吹いてましたよね。なんか遠慮がちに見えて、もっと前面に出てきてもいいのに~って思いました。

クラプトンは、ソロのときに腰がぐっと入ってるのを見て、思わず腰痛にならないかしらん!って心配になりました(^^;)。

投稿: miredo | 2006/11/15 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年もリサとガスパール | トップページ | 病院はリバーサイド »