« 胃痛のわけ | トップページ | アクアビクスは水着に注意 »

2006/10/05

ど根性で音読

夏休みの課題に取り組みながら考えていた。やり直し大学生活4年で、どれだけ英語の力がついただろう。入学前の自分自身も含めて、世間は誤解している。この大学を卒業したからといって、英語やその他の言語がするする頭に入り、ぺらぺら口から出るようになるわけがない。結局は、自分で勉強しなくては。

以前からブログを読ませていただいているNaimaさんは、音読の重要性をいつも書いておられる。もちろん、ご自分でも音読を日々実践しておられて、スラスラ化には50~60回!とか、何百回読んだかなあ!などという文章がさらりと日記に書かれている(@_@)。
たった一度の音読さえ億劫がっている私はホントに恥ずかしい。でも、きっと、音読の効果を実感されているからこそ、音読を楽しみながら続けてゆけるのかも…と想像している。

何百人もの生徒さんに英語を教えてこられたご経験から、語学学校に通うにしても自習が大前提だとおっしゃる。そうだよねー。ピアノのレッスンにゆくときは、自宅練習が不十分だったら貴重なレッスン時間がもったいないと思ってたし、なにより師匠がこわくてずる休みしたくなった。語学もホントに一緒だと思う。

大学を卒業したら、あらためて英語の専門学校に行きたいと思っているが、とりあえずは、今できること、「音読」から始めてみよう。。。かな(^^;)。
身体で覚えるまで音読するって、もろ体育会系ってかんじ。ど根性でやるしかないっさー。
語学の勉強に関心のある方は、ぜひNaimaさんのブログを読んで、一緒に音読を始めましょう! 特に、語学のカテゴリをどうぞ。
なお、トップページはこちら。すてきな磁器上絵付け教室も開いておられます(^^)。

|
|

« 胃痛のわけ | トップページ | アクアビクスは水着に注意 »

Diary」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

私の死んだ親父は、南山でフランス語を専攻したヒトなのに
その後の仕事は高校の英語教員でした。
「英語もフランス語も、その気になっての音読が大事」
というのが持論。
英語の教科書は暗記するまで読まされたのはもちろんのこと、
洋画を見ていても、洋楽を聴いていても(Beatles好きでした)
必ず興味のあるフレーズは何度も暗唱させられました。
その後私は音読を止めてしまったので英語は挫折しましたが(^^;
映画や洋楽の1フレーズを口ずさむのは今でも癖になってます。
一緒に映画を見ている母ちゃんにはうるさがられますが(笑)

投稿: 風屋 | 2006/10/05 14:03

たいしたリズム感もないくせにドラムを始めた私はリズムキープを覚えるために時計の秒針に合わせて4分音符、8分音符、16分音符を自分の膝で叩く練習をやらされ続けました。

そのおかげで今でもドラムはヘタなままですけど1秒は正確に刻めます♪

体で覚えるって体育会系的な響きはありますけど大事だと思いますよ。

特に言語は耳で聞くことと自分の口で話すことが大事ですよね。

投稿: ささぴ | 2006/10/05 23:18

♪風屋さん
いいお父様ですね~。
子どもの頃に覚えたものって、不思議に記憶に残っていませんか?
あの頃は覚えようなんて意識してなくても、自然に頭に残ってたのに。。。


♪ささぴさん、いらっしゃいませ~。
コメントありがとうございます!
1秒を正確に刻めるって、すごい特技ですね!(@_@) 
中学でやめていたピアノを10年以上ぶりで再開して発表会に出たとき、先生に「こんな曲、弾けると思ってませんでした~」と言うと、「繰り返し練習すると、指が覚えるのよ。スポーツと一緒!」と言われました。
言語も音楽も、身体で覚えてはじめて自分のものになるんだなあと思います。思っていても、リピート練習を怠けてしまうんですよねー(^^;)。まずはナマケモノの習性を改善しなくては。

投稿: miredo | 2006/10/06 19:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃痛のわけ | トップページ | アクアビクスは水着に注意 »