« The Brooklyn Folliesの最後の日 | トップページ | みんぱく と ケ・ブランリー »

2006/09/08

デレクといえば・・・

わたしの中では、Derek & The Dominos(略してデレドミ)なのだけど、クラプトン好き~!と言う人でもデレドミは知らなかったりする。そのうちデレクといえばデレク・トラックス…という時代がきたりして。
その旬のデレクがまもなく来日する。クラプトンと一緒に!

デレク・トラックスっていうのは…
"The nephew of Allman Brothers co-founder and drummer Butch Trucks, Derek is the leader of The Derek Trucks Band, a member of the legendary Allman Brothers Band"
というわけで「デュアン・オールマンの再来」といわれているスライドマスター。
少し古いけど、2004年のインタビュー(日本語)がコチラにある。
コルトレーンやインド音楽に傾倒してたとか、音楽の幅も広い。ファーストアルバムの曲にはジャズが多くてびっくり。どんな演奏をしてるんだろ。

で、今年、ECのワールドツアーに参加することが決定! 日本には来ないかも…とあまり期待してなかったけど、ちゃんと来日メンバーにも入っている。ブラムホールとともに、今年のステージはトリプルギター! YouTubeでLIVEの映像を見ると、もう今から鳥肌たちそう。。。
ワールドツアーが始まってからのインタビュー"Derek Trucks On The Road With Clapton"では、Derek自身がエキサイトしている様子が伺えるし、ECも絶好調みたい。また、バンド全体についても満足しているようだ。

"It's a great band. Having the legendary Willie Weeks on bass, and Steve Jordan, and Doyle, and Chris Staiton and everyone else. It's a solid group. I think if everything really gels and the chemistry takes, it could turn into an extraordinary group."

gelってこんな使い方ができるのね。。。と英語の勉強にもなったやんと自分に言い聞かせつつ、さて、宿題にもどろう。

|
|

« The Brooklyn Folliesの最後の日 | トップページ | みんぱく と ケ・ブランリー »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

デレク・トラックス・・・
昨年の「ギターマガジン」で、日本の主だったギタリストのうち
複数人が「今一番注目している若手ギタリスト」に彼を上げてました。
まだ聴いてないなー。聴いてみたいなー。
私としてもラウル・ミドンとともに最も興味のあるギタリストです。

投稿: 風屋 | 2006/09/08 21:20

♪風屋さん、まいどですぅ!

YouTubeで2006年のECのLIVEを探したら、デレクのスライドが聴けますよ~!

ラウル・ミドンって名前すら知らなかったのですが、やはりYouTubeで見て、モニタに釘付けになりましたよぅ(@_@)。どうやって弾いてるの~?と思ったら、ラウルのギター講座!?みたいな映像もあって、丁寧に解説してはりました。
「口トランペット?」もホンモノみたいな音で、びっくり!としか言いようがありません。

投稿: miredo | 2006/09/08 22:17

ラウル・ミドンは、ブログを通して知り合った
(まだお会いしたことはないのですが)
大阪は堺でBarを経営されているAJARAさん
http://blog.goo.ne.jp/ajara1/)
に教わりました。
私もそのうち機会があればお店を訪ねてみたいのですが
みれどさんはお近くですので、ぜひ行ってみて下さい。
いいお店のようですよ。

投稿: 風屋 | 2006/09/09 00:19

♪風屋さん
ご紹介ありがとうございます!
本格的にお酒を楽しめるお店みたいですね。ちょっと行ってみよ…というにはテリトリー外なのですが、風屋さんに比べたら断然近いですもんね!
ミナミ方面の友人と飲みにゆく機会があれば、ぜひ伺いたいと思います(^^)。

投稿: miredo | 2006/09/11 00:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« The Brooklyn Folliesの最後の日 | トップページ | みんぱく と ケ・ブランリー »