« 懐石風ランチとお騒がせケータイ | トップページ | エイゴで書けナイト »

2006/08/03

天国への階段と涙

昨夜はゼミの前期打上げコンパ。お店に入ると、テーブルにコンロが載ってた。この暑いのに~(@_@)と思ったけど、ちげ鍋を食べたら、夏はこういうのを食べたほうが身体にいいよね!と思った。

先生(基本はビートルズファン)がECの曲で一番お好きなのはunpluggedに入ってる♪San Francisco Bay Blues とのこと。古き良き時代のアメリカってかんじで楽しげな曲だもんね。それから、unpluggedを聴いたときに、この人は天才や!と思った・・・と言ってはった(^^)。私もあのCDはかなり聴いたなぁ。♪Nobody Knows You...とか♪Running on Faithとか大好き!

そこで23歳のゼミ仲間(ジャズ研)が「天国への階段ってクラプトンですよね」

・・・ん?(^^;)
「ちょっと違うかも~。それはツェッペリン! クラプトンはTears in Heavenやね」って言ったら、先生が「あの曲はunpluggedに最初に入ってたんでしょ」と。

ふっふっふ。。。(とは言わなかったけど)
それが違うんですよ~!
実はRushという映画があって、そのサントラに入ってたんですよ~!
このギターがまたいいんですよ~!
・・・とちょっと熱くなってしまいました(^^;)。

先生はずっと合唱をされてたとのこと(最近はお忙しくて休業中)。思いっきり声を出して、それを指揮者の外山雄三とかが聞いてると思うと気持ちがいいと言ってはりました(^O^)。ぜひ一度美声を聞かせていただきたいものです。

Unplugged

|
|

« 懐石風ランチとお騒がせケータイ | トップページ | エイゴで書けナイト »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

社会人学生」カテゴリの記事

コメント

ハイ、私の話題ですね(笑)

たぶんそのゼミ仲間さんは「天国の扉」と間違えたのでしょう。
「♪Knock knock knock on heaven's door♪」
というレゲエ調のヤツですね。
もともとはBob Dylanの歌のようですが、ECの方が売れました。
ECがこの曲でレゲエを取り入れたというので、
世界的にレゲエブームが始まったのでしたね。
今、普通にレゲエが巷に流れているのもECのお陰です。

「Running on Faith」「Nobody Knows You」・・・
友人とアコギ2本で演ったことがあります。
「Running・・・」のボトルネックは決まると気分がいいです。
「San Francisco Bay Blues」・・・
昨年、友人達と2バンドのジョイントライブを開催した際に
アンコールで演りました。
お客達も大人数でジャグバンドっぽく色んなもん叩いて、
とても楽しいセッションでした。
次に同じメンバーでのジョイントの時には、アンコールで、
「Rollin' and Tumblin'」を演ることになってます(^-^)
個人的には「Walkin' Blues」や「Multed Milk」あたりを
シブくピンで演れるようになりたいと思っております。
ギターはコピーできるけど、弾きながら歌えません(T_T)
「Sign」も弾けるようになりたいなぁ。

投稿: 風屋 | 2006/08/04 10:02

♪風屋さん、まいどおおきにです~!

♪ナックナック…のほうも一瞬あたまをよぎったのですが、まさかそんな古くてしぶい曲じゃないよね~と思ったんです。ツェッペリンも十分に古いですけど。
それに「天国の扉」という邦題は私の中にinputされてなくて(^^;)。
レゲエブームの発端はECだったんですか! たしかに私も、ECを聴いてから、ボブ・マーリーを聴いてみようと思いましたもんね。

アコギ2本とか言わず、ピアノもまぜてください~。♪Nobody Knows Youのチャックのピアノが好きなんです~。
♪Walkin' Blues や♪Malted Milk…シブイっす。ぜひ聴かせてください!
ホントにこのアルバムは演ってみたい曲ばかりですよね(^^)。

投稿: miredo | 2006/08/05 09:27

 「San Francisco Bay Bluesはもとは古いカントリーブルーズなんですよ、古いといっても50年代なんですけど」などと返すと、無条件で単位くれたかも(笑)
 unpluggedは半分以上が古いブルーズ、一時期ブルーズが流行ったのもこのアルバムのおかげですよね。私も多大な恩恵に預かりました。
 Rushのサントラは大好きでよく聴いてました。アルバムの前半で聴かれる、あーいう泣きの感情表現でECにタメはれるやつはなかなかいないね~♪

投稿: ぬらりん | 2006/08/05 11:58

♪ぬらりん師匠
ホント「unplugged」はブルーズ多いよね。でも、このアルバムでEC好きになりましたっていう人は、あんまりブルーズ聴いてないんじゃないかなぁ。
「From the Cradle」なんかは、そんなに売れなかったような気がするし。。。でもない?
私は「24Nights」からかな。♪Worried Life Blues しぶかった。。。

>>泣きの感情表現でECにタメはれるやつはなかなかいないね~♪

ぬらりんなら!(^^)v

投稿: miredo | 2006/08/06 21:50

もちろん一般にはブルーズより「涙」の方だと思いますよ(笑)一部の人がブルーズに反応したんだと思いますが、それがなければ「From the Cradle」もなかったでしょうし、ここまでブルーズが再認知されることもなかったのでは、と感じます。ビルボードにランクインしたロバジョンのコンプリートは敷居が高いしね~(^^;;
EC人気上昇と、アコースティックサウンド見直しと、ブルーズ再認知と、金字塔的な企画だったと思います。

泣きの感情表現...SUGIさんの方がいけてるよ♪

投稿: ぬらりん | 2006/08/07 00:20

おぉ〜「From the Cradle」!!
いい話題になってますねー。
あのアルバムはECが偉大なBlues manたちに憧れ、
思い切りのコピーを集めたものでしたね。
特に最初の「Blues Before Sunrise」が思いきりElmore Jamesで
つい笑ってしまいました。
実は今度あのアレンジで、吉田拓郎の「からっ風のぶるーす」を
ライブで演ろうと企んでおります(笑)

投稿: 風屋 | 2006/08/07 17:10

 風屋さん、はじめまして。拓郎とエルモアとはツウ好みのおもしろい企画ですね!エルモアのイントロはいろんな曲につなげられる可能性ありそうですね。
 「From the Cradle」はスタンダード曲が揃っているので、ブルーズセッションに向かう途上で歌詞を思い出すために聴くのに重宝しています(笑)

投稿: ぬらりん | 2006/08/09 01:56

♪風屋さん & ♪ぬらりん

たしか「From the Cradle」が出る前の年のツアーが、ブルーズてんこ盛りだったんですよね!
このCDには入ってないけど、こてこての「44」とか「Ain't Nobody's Business」演ってました。
特に「Ain't...」のアレンジがかっこよくて(最初はピアノとECの唄だけ)、私もブルーズピアノ弾きたい~!と思った記憶が。。。
で、いまだに弾けません(+_+)。

暑い日に聴くこてこてブルーズは、真夏の蝉の声みたいに存在感ありますね(^^;)。

投稿: miredo | 2006/08/09 07:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 懐石風ランチとお騒がせケータイ | トップページ | エイゴで書けナイト »