« 帽子とおひげで | トップページ | 脳の不思議 »

2006/08/09

歌うネアンデルタール

という翻訳本が出ているらしい。副題が「音楽と言語から見るヒトの進化」
アマゾンのレビューによると…

音楽は進化の過程でことばの副産物として誕生したというのが、これまでの主要な意見であった。しかし、ミズンは、初期人類はむしろ音楽様の会話をしていたはずだとし、彼らのコミュニケーションを全体的、多様式的、操作的、音楽的、ミメシス的な「Hmmmmm」と名づけた。絶滅した人類、ネアンデルタールはじゅうぶんに発達した咽頭と大きな脳容量をもち、この「Hmmmmm」を使うのにふさわしい進化を遂げていた。

著者のSteven Mithenは「認知考古学の第一人者」とのこと。「Hmmmmm」ってネーミングがサイコー! 去年受講した某グランパ先生のなんでもあり~の言語学クラスで取り上げてほしかった。
ちょっと息抜きに読みたいと思ったけど、予想どおりうちの大学図書館にはない。某中央図書館にはあったけど現在貸出中で、すでに予約がふたりも。どうせすぐには読む時間ないからちょうどいいっかー、と思って3番目で待機中。
英語の勉強も兼ねてペーパーバックを買おうかな~とも思ったけど、翻訳本のほうが表紙が楽しいんだよねー。って、なんちゅー理由で本を選ぶんだか。

ネアンデルタール人じゃないけど、子どもの頃、「○○○ちゃん、あそびましょ」と誘いにゆくときは、♪節をつけてたよね? あれはなんでなんだろ?
音楽と言語が絡むあたりの勉強をもうちょっとしたいなー。

歌うネアンデルタール―音楽と言語から見るヒトの進化

|
|

« 帽子とおひげで | トップページ | 脳の不思議 »

Diary」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

私の故郷では

○○ちゃんあーそーぼ♪
はーあーい♪

返事も歌でした。
上の子がやってたから、下の子もまねして
近所の子はみんな

♪あーそーぼ♪
♪はーあーい♪

かわいいですね。

投稿: minca | 2006/08/11 18:02

♪mincaさん、こんちは! 勉強はかどってますか~?

>>♪あーそーぼ♪
>>♪はーあーい♪

うんうん。返事にも節つけてたましたよね。
かわいいね!(^^)
この「あーそーぼ」と「はーあーい」は同じ音程ですよね。たぶん。
地域差はあるのかな。こういうフィールドワークしたらおもしろそうですね。

投稿: miredo | 2006/08/12 11:34

はい、同じ音程です。

はーあーい♪ の後
「ちょっと、待ってー」
というセリフが入ることもありました。

かわいいです。

投稿: minca | 2006/08/13 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帽子とおひげで | トップページ | 脳の不思議 »