« 穴埋め問題の穴の割合 | トップページ | ラッシュ時はヒール禁止に! »

2006/07/27

意匠は時代を反映する

昨日は1日中、パワーポイントで資料を作っていた。ボスが某県で講習会をするときに使うもの。原稿をWordで下さるので、パワポにするのもご自分でできそうなのに~と思いつつ、こういう編集作業はキライじゃないので、けっこう楽しんでいる。
ココに「」を入れたほうがわかり易いはず・・・、もっといい資料があるから差し替えよう・・・とか考えて提案すると、「それ、入れたかったんや!さんきゅー!」、「おっ、これ、ええなぁ!読んで勉強するからちょうだいな!」とか喜んで下さるので、私も役に立ってるかも。。。と思えてホッとするのだった。やっぱ、年齢に見合った(^^;)付加価値がないとね。

そんな作業中に、特許庁サイトで発見した「意匠権設定状況マップ」がとてもおもしろかった。技術分野別のパテントマップがあるのは知っていたけど、この意匠のは全然気づいてなかった。。。
現在、炊飯器、回転型いす、電子計算機用表示機、植木鉢等々、17のテーマについてマップが作成・公開されている。意匠は検索が大変だし類否判断も難しいので、このマップは意匠担当者にとっては感動ものだと思う。一般の人にとっても、デザインの変遷を眺めると、なんか歴史を感じることができておもしろいと思うので、ぜひアクセスを!
私が気に入ったのは自動車用ホイールのマップ。これをボスに見せたら、やはり「すごい!」を連発してはった。以前、これに近い物品の意匠を担当されてた時期があり(そして当時、私がアシストしていた)、あの頃、こういうのがあったらなぁ~と残念そう。

でも、どんどん、こんなのができたら、我々の仕事がなくなるかも…とも言ってはった。確かに、情報の公開による影響は大きいもんね。やっぱり、常に付加価値を考えてないとあかんってことやね。

|
|

« 穴埋め問題の穴の割合 | トップページ | ラッシュ時はヒール禁止に! »

Diary」カテゴリの記事

知財」カテゴリの記事

コメント

 前の職場で類似判断するのに、パワポでこんなの作ったことあるけど、正直手間かかるんだよね~!定常的にはできない仕事だった。画貼れる量も限られるし。
 特許庁のこれはわかりやすくておもろいねー!WEB版やからなんぼでも画貼れるし、意匠権の番号もわかるし、これは使えるマップだと思う。

投稿: ぬらりん | 2006/07/28 07:02

そうそう。1件ずつ公報を見ないといけないし、ホントに意匠って大変だよね。
特許庁サイトには、希望するテーマをお知らせくださいって書いてあるから、リクエストしましょうか~ってボスと話してたの。無駄な出願も省けるし、無駄な紛争も予防できるし、出願人にとってはメリットあるよね。

投稿: miredo | 2006/07/29 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穴埋め問題の穴の割合 | トップページ | ラッシュ時はヒール禁止に! »