« ジャケ買い・全買い | トップページ | 予習中 ひとりきりで聴く ふたりきり »

2006/06/16

山羊って!?

今週と来週の2回でEdward Albeeの"The Goat or Who is Sylvia?"を読む。50歳の誕生日を迎えた建築家のlove affairの相手が、タイトルにもあるとおりgoatという強烈なストーリー。そのことを打ち明けた親友が、これは放っておけないと妻に知らせたことから「悲劇」が始まる。ラストはかなりショッキング。いったい、この作品からどんな議論を引き出せばいいんだろ。。。と思ってたけど、院生の方の発表はさすが!!

感心、感動のため息は、空っぽの自分の頭について絶望のため息でもある。みんなの議論のレベルに達してないので、意見を言うこともままならない。先週の帰り際、「来週から議論に参加しよねー!」と先生に言われたのに、今週も無言のまま終わってしまった。黙って座ってるだけじゃ、やる気があるのかないのかわからないよね。やる気はあるし、努力してるんだけど。このままじゃ伝わらない。困った。用語もわからないものがどんどん飛び交うので、いつも後からこっそり調べている。今回は「間テクスト性」を初めて知った。文学理論の本も読まなくては。

The Goat Or, Who Is Sylvia: Notes Toward A Definition Of Tragedy

|
|

« ジャケ買い・全買い | トップページ | 予習中 ひとりきりで聴く ふたりきり »

Diary」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャケ買い・全買い | トップページ | 予習中 ひとりきりで聴く ふたりきり »