« こんなところにピックアップが | トップページ | ネットショップで息抜き 勉強手抜き »

2006/05/13

こんなところにGeorgie Porgie...

今週からAlbeeのクラスは"Who's afraid of Virginia Woolf?"を読み始めた。
大学教授Georgeとその妻であり学長の娘でもあるMarthaは、壮絶な言葉のバトルを繰り広げる。
Marthaのセリフに"Georgie Porgie put-upon-pie"というのがあった。これは"Georgie- Porgie, pudding pie"というnursery rhymeを使ったもの。私がこのrhymeを知ったのはTOTOの曲…rhymeをそのまんま使っている。TOTOは全然聴いてなかったけど、セッションでみんなが♪じょ~じぃぽ~じぃぷでぃんぱ~ぃ…と歌ってるのでなんだろ?と思ったのがきっかけ。

それからGerogeの"I will not give up Berlin!"というセリフも唐突だけど意味深。これはJFKの演説からの引用らしい。この作品にはCold War eraという時代が反映されている。Georgeと対照的に描かれる若手大学教授はNickという名前だが、これはなんとNikita Khrushchevからとったものだという。Albee自身が次のように説明している:
"I was having some fun writing this. It was written in 1962, and I named Nick after Nikita Khrushchev. That was a private choice."
Georgeのほうは、George Washington, represents the old American dream とのこと。

もう、へぇ~~っ!(@_@)としか言い様がない。
授業でも、なんでここでベルリンを持ち出すのか?という疑問の声が上がった。で、実は、こんな話を見つけました…と報告したら、先生が「よう調べたね!」とにんまり。帰り際も「今日はありがとう!じゃあね!」と。議論に参加できず凹みそうな私を励まして下さってるのだろう。あかんたれの私には、ぴったりの先生だ。来週もがんばるっす。

|
|

« こんなところにピックアップが | トップページ | ネットショップで息抜き 勉強手抜き »

Diary」カテゴリの記事

大学」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

"Georgie- Porgie, pudding pie" ... 私もやっぱり真っ先にTOTOが頭に浮かんできます。久しぶりにLP(!)を引っ張り出してきて聞いてみました。

これがnursery rhymeだとは全く知りませんでした。まあ、TOTOの歌詞はオフコース並に甘いので、あえて歌詞を読まずに曲だけ聴くようにしていたのもあるかもしれませんが。

ところでnursery rhymeって、七五調のリズム感覚が染み込んでいる日本人の私としては、締めの一文がどうしても字余りに聞こえてしまいます。(私だけ?)

逆に考えると、英語圏の人に俳句を日本語のまま聞かせたら、やはりリズム的に違和感を感じてしまうのかなあ。

今度ぜひ先生で実験してみてください。(^-^)

投稿: ひさ爺 | 2006/05/16 00:45

♪ひさりん

ホントにグッドタイミングだったので、復習して別エントリにしました。締めの一文、やっぱりヘンですか?

歌詞をあえて読まない…ってふうに選択してはるんですね。逆に、積極的に歌詞を読むミュージシャンっていうのはだれですか?
日本人(に限らないけど)は、どのくらい歌詞を意識して洋楽を聞いているのかなあと思ったことがあります。流行っている曲というのは、歌詞も含めてヒットしてるんでしょーか?

投稿: miredo | 2006/05/19 00:08

基本的にはギター小僧なので、洋楽の歌詞は聞きません。(笑)
気になるフレーズが耳に飛び込んできて初めて、『聴き取ってみよう』とか『歌詞を読んでみよう』と思う程度です。

とは言っても、やっぱりThe Beatlesは聞き取りやすいし、良い詞が多いですね。She's Leaving Homeとか、涙モノですもん。

あ、お勧めの曲を思い出した。Three is a Magic Numberって曲。歌詞はここ。
http://www.schoolhouserock.tv/Three.html
曲はiTunesのMusic Storeで検索して試聴できます。
英語で九九の三の段がすらすら言えるようになります。面白いよ~。

投稿: ひさ爺 | 2006/05/20 02:27

おすすめの曲って掛け算の歌なんですね~。おもしろ~い!
でもって、11や12の段まであるのがすごいですね!

こういう歌があるってことは、英語圏も日本と一緒で「言葉」で覚えるってことなんでしょか?
前にTVで見たんですけど、九九は脳の言語野が働いていて、計算をする部分とは別なんだそうです。

九九といえば、ずいぶん前のABCで紹介したおもしろいサイトがあるので、もう一度リンク貼っておきますね。インドの九九の表はリンク切れになってました。ざんね~ん。
http://www.rd.mmtr.or.jp/~bunryu/arabia.htm

投稿: miredo | 2006/05/25 01:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんなところにピックアップが | トップページ | ネットショップで息抜き 勉強手抜き »