« いまだけわくわく新学期 | トップページ | シラバス品切れ »

2006/04/05

DEREKって名前はどんな味!?

3月の終わりに、BSでドキュメンタリー「共感覚の不思議」を見た。予告編の「言葉誕生の謎に迫る…」というキャッチフレーズに惹かれて即録画したんだけど、へぇ~~っ!の連続でめっちゃおもしろかった。
共感覚/synesthesia とは・・・普通、感覚はそれぞれ独立して反応するものだけれど、1つの刺激に対して、本来の感覚と同時に他の感覚が引き起こされ融合するものをいう。たとえば、番組で紹介されてたのは、文字が目に入ると、その文字に対応した色がみえるという反応。その色は、その人独自の対応であり、同じように共感覚をもっている兄弟でも、文字と色との対応は異なっていた。カラフルでいいな~なんて思ってしまうけど、新聞やペーパーバックにいつも色があふれていたらしんどいかもしれない。テキストにラインマーカー引きたくても、色が重なって意味ないしね。

いちばんインパクトがあったのは「言葉を味わう」人の話。written wordsとspoken wordsのどちらに対しても「味」を感じるそうだ。パブで働いているこの男性は、お店になじみのお客さんが入ってきた段階で、その人の名前が味覚を刺激して、ある味が口の中に広がるという。たとえば、wet nappies(ぬれたオムツ)の味とかね…って、どんな味なん?(@_@) でも、それはそんなに強い味じゃないからいいんだって。ひどいのはDerekなんだ…って言ってはったけど、さてどんな味だと思います?
コタエは番組の原題にもなってたんだけど "Derek Tastes of Earwax" (^^;)
この男性がキッチンで料理をしているときに、言葉が目や耳に入ると、いろんな味が口の中でぐちゃぐちゃになって、real flavourもわからなくなるし、気分が悪くなって大変らしい。

番組ではシェイクスピアのように豊かな表現ができるのも、共感覚に近いものがあると指摘していた。そういう表現は「比喩」でなくて、ホントに「そのもの」を感じていたのかも。。。? 共感覚とメタファーっておもしろそう!今年のゼミは、こういうのもありだといいのにな。

|
|

« いまだけわくわく新学期 | トップページ | シラバス品切れ »

Diary」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

PCと携帯のメルアドをderekにしてる
私としては…

投稿: Smokin' | 2006/04/07 10:36

♪うわっ、ほんとだ~。この人の場合、Smokin'さんからメールが届くたびに「味わって」しまうんでしょーね(^^;)。
なんか、もっとおいしそうなモノの味にならないのかしらねぇ。でも、いつも何かの味がしてたら、お腹すくこともないんかな???

投稿: miredo | 2006/04/08 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/9445580

この記事へのトラックバック一覧です: DEREKって名前はどんな味!?:

« いまだけわくわく新学期 | トップページ | シラバス品切れ »