« 捨てられない… | トップページ | zest for living »

2006/03/11

駆け込みTOEIC

前の職場の友人が何年ぶりかで今月末のTOEICを受けると言ってた。やっぱり現行テストの最後に駆けこむ人はかなり多そう。彼女も茅ヶ崎仲間(場所は違うけど)でカリスマ講師イッチーのもとにも通って、かなり前に英検1級を突破しているのだけど、この機会にもう一度というパターン。
英語学習者のブログでは、駆け込み受験によるスコアの落込みが噂されている(参考:melocotonさんのブログ)。TOEICのスコアの出し方はよくわからないけど、同じ出来でも各回の受験者のレベルによって微妙にスコアが違ってくるらしい。ま、スコアが成績や昇進に影響するわけじゃないので、私にはあまり関係ないんだけど。

すでに新TOEIC対応のテキストで勉強されているmasakiさんの「気まぐれ勉強部屋」によると、リスニング問題の発音も、心配するほど聞き取りにくいものじゃないみたい。きっと文脈から推測もできる・・・よね?
以前見ていたディスカバリー・チャンネルの「ロンリープラネット」という番組は、オーストラリア人のトラベラーがよく出ていて、かれのコトバには何度も、は?、へ?となっておもしろかった。
音だけだと、たとえば「あぃてぃーんあぃてぃ」に、ん?となり、字幕を見て、あ、1880年のことね!と一瞬遅れて理解するってかんじ。これは慣れが必要だよね~。うちの相方は、会議でパイパー(paper)を連発されたことがあるって言ってたけど、それ生で聞いてみたいなぁ。

「週刊STオンライン」というサイトに「世界の発音」という新コーナーができている。シェイクスピアのソネットをいろんな国の人が読んでて、おもしろ~い! ここのAUバージョンを聞いて、そうそう、サイ(say)ってのもあったな…と思い出した。そして…出たなウェールズ!と思ったけど、うちの大学の某先生(イギリス人・たしか母上がウェールズ出身)のほうがよっぽどわかりにくかったよう。あの先生がTOEIC対策とかすればよいかも。もう、受けたくないけどね(^^;)。

|
|

« 捨てられない… | トップページ | zest for living »

Diary」カテゴリの記事

英語」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。

私の場合、「リスニング問題の発音が聞き取りにくいものじゃない」というのではなく、まだ勉強不足で発音の違いがそれ程分からないと言った方が正しいです(^^;)。

TOEIC初心者の私、目標は、先輩受験者のみれどさんです。最初の受験(いつになることやら)の目標点は「みれどさんの得点-150点」です。いや待てよ、みれどさんが900点超なら750点以上か・・・訂正「みれどさんの得点-200点」といたします(^^)。

投稿: masaki | 2006/03/12 01:37

♪masakiさん

でも、激しく違和感のある発音だったら、きっと気がつくと思いますよ~。かえってTOEIC未体験のほうが、真っ白な状態で聴けるからよくわかるんじゃないかなって思います。

TOEICはある程度勉強してから…と思っていると、いつまでたっても受験できないので、とりあえず受けてみるのがいいですよ。そしたら、次に勉強すべきことがよく見えてくるし。
英検だと合否があるから、そういう気分では受けにくいですけどね。
先輩?に遠慮せず、一気にガツン!と900オーバーめざしてくださいっ!

投稿: miredo | 2006/03/12 21:02

TB&コメントありがとうございます。
「世界の発音」コーナー、面白いですね~。私は米語にしか慣れていないので、新形式のTOEICは恐ろしくて受けられないかも。

投稿: melocoton | 2006/03/13 02:51

♪melocoton さん
わざわざこちらまで来て下さってありがとうございます!
melocotonさんくらいのスコアだったら、新形式だろうがなんだろうがこわいもんなし!でしょう。
スコアを気にしなかったら、いろんな発音が楽しめるTOEICっておもしろいかもしれませんね。

投稿: miredo | 2006/03/15 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/9035608

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込みTOEIC:

« 捨てられない… | トップページ | zest for living »