« Standin' at the crossroad | トップページ | 耳鼻科でハモッてみたくなる »

2006/02/22

ダイヤル回したことありますか

ドラマーK氏が「今日買ってんけど10分で読んでしもたから、どうぞ」と下さった三谷幸喜の「俺はその夜多くのことを学んだ」を、私はその夜、イラストを味わいながら20分くらいかけて読んだ。話中の電話の向こうでは、偶然、彼女も「俺」に電話をかけてきていた…なんておめでたいオチだといいのにと思ったけど、現実はそんなに甘くないし、この本でもそうはゆかない。
電話については、かけようかな、どうしようかな、本人が出てくれるといいな、かかってくるかな、こないかな、とハラハラどきどきした経験が私にもある。そうそう!わかるわかる!とちょっとなつかしい想いがよみがえってきた。

本のイラストによると「俺」の電話機は古いダイヤルを回すタイプで、彼女のほうは留守電機能のついたプッシュホンタイプだった。昔、祖父母の家にあった黒い電話機のダイヤルがとても重かったのを覚えているが、あの電話だったら、回したダイヤルが1回ずつジーーッと戻る間に、いじいじしそうだ。妙にドキドキ感を煽られそうな気もする。

「ダイヤルを回す」で思い出したのが、フィンガー5(ふる~っ!)の歌。♪指の震えをおさえつつ ボクはダイヤル回したよ 君のテレフォンナンバー シックスセブンオウオウ! タイトルは思い出せないなぁ。それから「金妻」の♪ダイヤル回して~手を止めたぁ~ これもタイトルは??? さらに記憶をたどると…♪でん~わの~そ~ばから~離れ~られ~ないの~とこれはアグネス・チャンやんね。
「電話のそばに」私がいた時代。今は「私のそばに」ケータイがある。すごい変化や。

俺はその夜多くのことを学んだ

|
|

« Standin' at the crossroad | トップページ | 耳鼻科でハモッてみたくなる »

Diary」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

うーん、年齢差よりは地域差だと思うんですが、私が子供の頃、電話はうちにありませんでした。村中でお寺にしかなかった。しばらくして黒いのが普及してプッシュホンにしたのはけっこう最近でした。

「恋のダイヤル6700」もタイトルすぐ出てきますねえ。金妻は私には新しすぎるのですが「恋に落ちて」はカラオケ対策として勉強しました。アグネス・チャンの歌はわかりません。

チェッカーズの「涙のリクエスト」もありましたね。「ダイヤルまわすあの子に伝えてまだ好きだよと」これは創作ダンスでやったから覚えています。

投稿: さつき | 2006/02/22 22:27

♪さつきさん
そうですね、地域とか環境による差がありますね。うちは父の仕事場と家が一緒になったとき、プッシュホンになったのでした。いつまでもランプがついてると、まだ話中なんか!ってわかるのがイヤでした。

「金妻」はけっこう最近って気がするのにダイヤルは回してたんだ~とちょっと意外です。そうそう!「恋に落ちて」は私もピアノで弾き語りできたらなぁとトライしましたが、歌がど下手なもんで。。。(+_+)
アグネス・チャン思い出しましたよ。「白いくつしたはもう似合わない」

投稿: miredo | 2006/02/23 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/8789480

この記事へのトラックバック一覧です: ダイヤル回したことありますか:

« Standin' at the crossroad | トップページ | 耳鼻科でハモッてみたくなる »