« ルビンの盃で悪酔い | トップページ | iPodその後(ケースに迷うの巻) »

2006/01/14

それはさておき!

昨年から「特許男」なるブログをちらちら読んでいる。12/24のエントリを読んだら、あるあるある~!とにんまりする人も多いのでは? 明細書(特許出願のための書類)によく用いられていた堅苦しい表現が減ってきたという内容である。私の場合、「蓋し」には、最初の学生時代に何度もお目にかかった。たぶん自分で使ったこともあるんじゃないかなあ。試験はたいていが論述式なので、こういういかにもな文言を散りばめると、なんかそれらしい文章になった錯覚に陥るのだ(^^;)。

私の数少ない経験からいうと明細書はまだマシで、裁判の準備書面などは「五十歩百歩」や「屋上屋を架す」などの故事成語がふんだんに盛り込まれていて、いとをかし(^^;)。もっといろいろあったんだけどなぁ。。。まったく思い出せなかった「洛陽の紙価を高らしめる」は、「なんかがよく売れた話」というかすかな記憶をたよりにググッたら見つかった。

故事成語ではないけれど、「それはさておき」は大学の先輩から代々伝えられた常套手段。問題のヤマが外れたとき、「それはさておき」以降に自分が準備した文章を書き綴って紙面を埋めるのだ。今、悩んでいるレポートで「それはさておき」を使いたい気分だけど、さておいた後に続く文章すらない。
う~ん、う~んと悩んでいるときに、それはさておき…とネットにアクセスするのをやめるのが先決。アクセスしなければ、全国一斉!日本語テストなんかで、さらに悩むこともなかっただろう。ちなみに73点。平均点以上で、ほっ。。。

|
|

« ルビンの盃で悪酔い | トップページ | iPodその後(ケースに迷うの巻) »

Diary」カテゴリの記事

言葉」カテゴリの記事

コメント

「特許男」なるブログ、面白そうなので仕事をやめて読み耽ってしまいました。何か論点となるようなものを自分のブログでも創めたいが、なかなか。更新しても独り言ばかりで。

投稿: あーだこーだあーだ | 2006/02/10 19:12

♪あーだこーだあーだ さん
新人「特許男」も登場して、また面白くなりそうですね!
なかなか本音を書くのは難しいと思いますが。。。

最近、ジムに通っておられるのですね。うらやまし~!
この冬の私は、おぜんざいの食べ過ぎでぶよぶよしてきてるのでちょっとあせってます(^^;)。なんとかしなくては。。。

投稿: miredo | 2006/02/12 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/8159585

この記事へのトラックバック一覧です: それはさておき!:

« ルビンの盃で悪酔い | トップページ | iPodその後(ケースに迷うの巻) »