« 反逆者のカールトン | トップページ | トンキンってナンキンの近所かと… »

2005/12/01

ビンボー学生はScrooge

えっ!明日ってもう12月!?と昨日、ゼミ仲間と話しているときに叫んでしまった。いや~、ホントに早い。早すぎ。来週は、新年度のゼミの説明会があるのだけど、そういえば去年の今ごろ、ゼミの選択でわいわい言ってたなあ。
ゼミの発表担当が1巡したので、2回目をどうしようってことになったが、さすがに4年生は卒論でいっぱいいっぱい。「卒業かかってるので、あとは3年生のみなさんよろしく」ということに。ああ、来年の今ごろ、私はどうなってるでしょう。。。
帰り道、同じゼミの3年生に話を聞くと、もう「シューカツ」がスタートしているとのこと。企業によっては「ワークショップ」なるものに参加させられ、「セールスごっこ」みたいなことをやらされたり大変そうだ。まだ3年生なのに。なんだかなあ。

今日のディスカッションネタの記事は"Scrooge may get the upper hand this Christmas as consumers expect to cut spending on gifts for the first time in a decade."という文で始まっていた。景気の悪いイギリスでは、みんなpurse stringsをきつく締めて、クリスマスにかけるお金も節約する傾向にあるらしい。いきなりScroogeが出てくるところがイギリスならでは。Charles Dickensの"A Christmas Carol"の登場人物。守銭奴。と辞書に載っている程度のことは知っているが、実はこの本、読んだことがない。グループのメンバーも誰も読んでなかったが、「こんど英文学の授業で読むんで、いま、本もってます。」という学生がいて、ほら…とカバンから出してきたのは、日本語の文庫本だった。ありゃ。ま、必需品かも。
先生の話によれば、ドナルドダックのおじさんの名前が「アンクル・スクルージ」なんだって! ディズニー版のクリスマスキャロルもあるという。ちょっと見てみたい。
Dec で、12月といえばシクラメン。Momも毎年シクラメンとポインセチアを買っていたなぁ。日曜日に小さなガーデニング用シクラメンというのを見かけたので懲りずに買って寄せ植えに。Momの誕生日(クリスマスイヴ)まで枯らさないようにしなくちゃ。

|
|

« 反逆者のカールトン | トップページ | トンキンってナンキンの近所かと… »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/7422893

この記事へのトラックバック一覧です: ビンボー学生はScrooge:

« 反逆者のカールトン | トップページ | トンキンってナンキンの近所かと… »