« レジェンズとギター・レジェンド | トップページ | ALL-OUT WAR »

2005/11/03

?年前の秋、ことしの秋

ベランダから見える「三色彩道」の木々のてっぺんも色づいてきました。LINKさせていただいている「気まぐれ勉強部屋」のmasakiさんの日記によれば、大山の紅葉はもう見ごろ。そのmasakiさんのところで美保関の灯台の写真を見て、突如、記憶がよみがえってきました! 実は、私の二十歳の原点・・・20歳を迎える時期に、初めてひとり旅が許可され、出雲、大山方面に行ったのでした。あのとき大山で出会ったおっちゃんは阪急電車に勤めておられて、その後、梅田駅の改札に立ってはるところを何度か通りぬけました。息子さんを山でなくされて以来、毎年のようにひとりで来ておられるとのことでした。京都北部の某私大のおにいちゃんには、伯備線に乗ってるときから見てたよ、と声をかけられました。自分のまわりの女子大生はみんなケバイのに…と、すっぴんのみれどを珍しがってはりました。このおにいちゃんをはじめ、無責任に「お化粧なんかしなくていいよ」「素顔のままで」などとぬかす言う輩のおかげで、私は30歳を超えてもお化粧のしかたを知らなかったわけで、ハッ!と気づいたときは手遅れやんか~。どうしてくれるの~!
話がそれましたが、そんな想い出にひたりながら、今日は部屋の片づけをして、ピアノの蓋と椅子の上の荷物が少しだけ減りました。

さて11月。今月は行ってみたいセミナーやシンポジウムがたくさん。大学での発表担当やプレゼンも続くのであまり余裕はないんだけど。
11/5
The Oxford University Press English Seminar:Grammar and Dictionaries
http://www.oupjapan.co.jp/events/seminar/index_jp.shtml

11/10
講師 Mee Moua氏 (アメリカ合衆国ミネソタ州上院議員)
テーマ From a Refugee Camp to the Minnesota State Senate: A Hmong American Woman's Journey 「難民キャンプからミネソタ州上院議員へ - モン族のある女性の軌跡」
同志社大学今出川キャンパス 寒梅館(大学会館) 地階A会議室
♪元は刺繍に魅せられて関心をもったモン族が、アメリカに渡った経緯を知ったのは、ほんの1年くらい前。生の声を聞いてみたい。

11/11-13
Peace as a Global Language Conference 2005, Kyoto, Japan
http://homepage.mac.com/p_g_l/2005.htm
♪盛りだくさん過ぎて、プログラムを見てもどれを聞きにゆけばいいのやら…。うちの大学のアメリカ講座の某S先生は、以下のとおりご自身の掲示板にUPしておられる。
As part of the Peace as a Global Language Conference taking place in Kyoto next month, I am involved in a symposium that may be of interest.
SATURDAY NOVEMBER 12, 2005
Kyoto Sangyo University
1.30 to 3.20 Panel Session:
HUMAN RIGHTS NGOs AND THE MEDIA: ALLIES OR ADVERSARIES?

11/20
“医療通訳 ? Equal Accessへの挑戦”
http://www.kinran.ac.jp/univ/index.cfm/6,1914,17,html

11/24 英語専攻同窓会文化講演会(一般公開講演)
講師:五十嵐浩司様(朝日新聞編集局長補佐、前ニューヨーク/ナイロビ支局長)2001-05年、ニューヨーク支局長。9・11同時多発テロに加え、アフガン武力行使やイラク戦争を国連サイドからカバーする。2005年4月から現職。
著書に「欧州社会主義はいま」(共著)など、論文に「変遷を重ねる米国の対国連外交」(AIR21)など。
演題:「世界と日本を、言葉でどうつなぐのか--国際報道の現場から」

|
|

« レジェンズとギター・レジェンド | トップページ | ALL-OUT WAR »

Diary」カテゴリの記事

コメント

>無責任に「お化粧なんかしなくていいよ」
>「素顔のままで」などとぬかす輩のおかげで

お化粧なんかしなくていいよ。

て、4年も会ってないのに追い討ちしたらやっぱり無責任、
です、かしら (^^;

今度大阪方面に行くことがあったら私をからかってやって
くださいね。

投稿: breakup@ | 2005/11/07 01:47

♪breakup@さん

4年の歳月は、容赦なく、彼女の心と身体に時を刻み込んでいた。

・・・な~んて、再会した日の日記に書かないでね(^^;)。

どうも、お化粧してもしなくても変わり映えしないらしく…というか、正しい化け方を会得してないんでしょうね。朝は、お化粧に時間とられるより、1分でも寝ていたいし。。。

投稿: miredo | 2005/11/08 00:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/6885294

この記事へのトラックバック一覧です: ?年前の秋、ことしの秋:

« レジェンズとギター・レジェンド | トップページ | ALL-OUT WAR »