« 命の値段を決めるのは読者 | トップページ | 反逆者のカールトン »

2005/11/28

ひろうすの語源は!

「大根とひろうすの炊いたん」を父のところへ持って行った。そんな珍しいことをしたものだから、実家に着いたとたん雨が降ってきた。いつもはデパ地下でおいしそうなお惣菜セットやオードブルセットを買ってゆくのだけど、昨日、百合根と銀杏の入ったおいしそうな「ひろうす」を見かけたので、たまにはね。
この「ひろうす」って、ビミョーに「がんもどき」とは別物のような気がしてたんだけど、実は同じものらしい。さっき調べてみたら「ひろうす」では広辞苑に載ってなかった。お店では漢字で「飛竜頭」と書いているから、「ひりゅうず」で引いたら「⇒ひりょうず」になってた。そして、びっくりしたのは語源がポルトガル語のfilhosだってこと!フィリョースって揚げ菓子なんだって。探したらココの上から2つめの写真に"A plate of Portuguese filhos"って書いてあった。ポルトガルとハワイのドーナツはルーツが同じみたい。世界のドーナツのページもあって感動!沖縄のアンダギーがアルファベット順でトップに並んでいた。

実家にゆくときに、今日も「三色彩道」を通って駅まで歩いた。ここんとこ毎週のように歩いているが、いつもひとりぼっち。周りは家族連れ、カップル、シニアのウォーキング仲間?等々でにぎやかなのに。ま、ゆっくり自分の世界にひたれるから、そのほうがいいのかも。ここを歩くときは、いつもMomのことを想っている。
先週の写真をまとめてUPしたので(三色彩道2005)、よかったらのぞいてやって下さい。

|
|

« 命の値段を決めるのは読者 | トップページ | 反逆者のカールトン »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/7372032

この記事へのトラックバック一覧です: ひろうすの語源は!:

« 命の値段を決めるのは読者 | トップページ | 反逆者のカールトン »