« Confucianでconfusion… | トップページ | 命の値段を決めるのは読者 »

2005/11/20

三色彩道のシンフォニー

週末はひきこもりモードだったが、少しは外の空気を吸ったほうがいいかなと、買い物ついでに三色彩道を歩いてきた。いや、もういちど紅葉が見たくて、買い物のほうがおまけかな。
Pic_0027 やっぱり、ココの紅葉はいいなあ。全山真っ赤…という紅葉よりも、や黄色やがまじっているほうが、なんていうのか表情があって好きだなぁ。カナダの紅葉がちょうどそんなかんじで、それを「シンフォニー」と呼ぶのだと教えてもらった。いろんな色、いろんな葉っぱが集まって、ひとつの音楽を織りなす。そんなイメージ。見る場所、高さ、角度で全然見え方が違うから、ずっと見ていても飽きることがない。坂道を登っては後戻りし、空を見上げたり、向い側にわたったり、しゃがんだり…しばらくシンフォニーに耳を澄ます。

Pic_0018 突然、どてっ!という鈍い音がした。向かい側の舗道で年配の男の人が倒れている。あわてて道路を突っ切って駆けつけた。白髪のおじ(ぃ)さんは、そろそろと立ち上がりはったが、額から血が出ている。ひぇ~。頬にも傷が。メガネのレンズは外れて落ちていた。幸い、傷はそれほどひどくなく、血が滴り落ちるようなこともなかったので、ほっとした。紅葉に目を奪われているし、舗道の段差があるし、落ち葉で滑りやすいしと悪条件が重なったのだろう。
「息子と一緒に来てるから大丈夫です」とおっしゃるので、それなら安心…と元の場所に戻ってまた紅葉を眺めていた。
しばらくすると、ご家族と合流されたらしく、怪我の説明をされる声が聞えてきた。
「…足滑ってころんだんや。そしたら、あの女の子が親切になあ、だいじょーぶですかっ!ゆうて走ってきてくれてん。」
てへっ!女の子やって!!あ、でも、メガネのレンズぶっ飛んでたからか。。。(^^;)

そうそう、昨日は長くなったので書かなかったのだけど、ネットでニュースをチェックしていたら、チェ・ジウが来日して竹野内さまと「ラブラブ会見」などという見出しがあって気分が悪かった。ふたりが共演するドラマは、来年1月15日スタートらしい。う~ん、学年末試験前にややこしいドラマせんとってほしいわ~。ちなみにドラマのタイトルは「輪舞曲(ロンド)」だって。

|
|

« Confucianでconfusion… | トップページ | 命の値段を決めるのは読者 »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/7239318

この記事へのトラックバック一覧です: 三色彩道のシンフォニー:

« Confucianでconfusion… | トップページ | 命の値段を決めるのは読者 »