« バドと欠点とJazz Poet | トップページ | ?年前の秋、ことしの秋 »

2005/11/02

レジェンズとギター・レジェンド

いただきもののミュージックカードが残っていたので、思い立ってLegends(Live at Montreux 1997)のDVDを買ってきた。Legendsの名のとおり、Eric Clapton, Joe Sample, Steve Gadd, Marcus Miller, David Sanbornという目を見張る超豪華メンバー。当時、衛星放送で1,2曲紹介されただけだったので、ファンが待ち焦がれていた映像である。ECは妙に緊張気味にみえる。ま、このメンバーだったら、キンチョーしてもおかしくないよなぁ。
Joe Sampleのソロが1曲あった。左手のストライドがすごい! ライナーを読んだらJelly Roll Morton の曲(♪Shreveport Stomp)だった。先日の検索で行き当たったMortonだけど、そっか、Joe Sampleも弾いてたんだ。聞いたことある名前だと思ったのはそのせいかも。また、点と点が線でつながったみたいでうれしかった。
考えてみたら、私がブルーズに興味をもつようになったきっかけは、やっぱりクラプトンだろう。で、タイトルにひかれて「クロスロード」という映画のビデオをレンタルショップで借りたら、ロバート・ジョンソンに出会った。。。そんなこんなで、今、例の文学研究が何倍も楽しめるんだと思う。ホント、不思議なめぐりあわせ。

DVDのほかに「ギター・レジェンド 3」(シンコー・ミュージック・ムック)も買った。この本には私の知り合いが記事や写真を提供している。Creamの再結成LIVEを観にイギリスに行ってしまう人たちである。(なんと、先日発売されたオフィシャルDVDにしっかりと姿が映っている!)「好き」をずっと続けて、こんなふうに形にできるってすてきだなあ。

ところで、「レジェンズ」と「レジェンド」・・・カナ表記で単数と複数をちゃんと区別している。タ行、ダ行だから 語末が"d"や"t"だからできることなのかな。「キャッツ」「ハンズ」もそうだよね。。。ゼミで外来語への母音挿入なんて話が出たので、ふと考えてしまった。

|
|

« バドと欠点とJazz Poet | トップページ | ?年前の秋、ことしの秋 »

Diary」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/6873316

この記事へのトラックバック一覧です: レジェンズとギター・レジェンド:

« バドと欠点とJazz Poet | トップページ | ?年前の秋、ことしの秋 »