« 木の上の昼寝ねこ | トップページ | ピアノの脚の彫刻 »

2005/10/09

Gin House

予習をしていて、ginという単語には「(綿花)を綿繰り機にかけて種を取り除く」という意味があったことを思い出した。たしか、夏休みに一度辞書で調べたけど、それだけでは脳に定着してないようだ。
"a machine for separating cotton from its seeds" 
そして、gin houseは綿繰り工場。。。あ~っ、そういえば!
以前、クラプトンのコンサートで、アンディ・フェアウェザー・ロウが唄った♪Gin Houseは、綿繰り工場のつらい仕事をうたったものだったのか。。。? てっきり、お酒のほうのジンのことかと思ってた。歌詞しらべてみよう。
でも、とりあえず予習が終わってから(^^;)。

Momが育てた綿の花(実が割れて、綿が見えている状態のドライフラワー)がいまだに実家に置いてあるハズ。種を分けてもらったけど、私が蒔いたのは、ちゃんと成長してくれなかった。綿の不思議を体験してみたいから、またいつかチャレンジしよう。

|
|

« 木の上の昼寝ねこ | トップページ | ピアノの脚の彫刻 »

Diary」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84903/6329111

この記事へのトラックバック一覧です: Gin House:

« 木の上の昼寝ねこ | トップページ | ピアノの脚の彫刻 »